4月14日、池袋サンシャインシティにて開催される「技術書典6」に、サークル「めがねをかけるんだ」として参加させていただくことになりました。

 「めがねをかけるんだ」では、TensorFlowを使って3年間ひとりで取り組んできた「MLOps」を題材にした冊子を頒布いたします。

tfbook6

タイトル 巡りあえないConcourse
判型 B5
ページ数 52p(本文墨刷)
頒布価格 1,000円
発行 個人サークル「めがねをかけるんだ」

どんな本なの?

 筆者は、2015年にTensorFlowがオープンソースになった時「自分好みの眼鏡っ娘を自動的に収集したい」という一心で「眼鏡っ娘画像の自動収集・判定システム」の構築をはじめました。

 この本は、筆者が3年間ひとりで取り組んできた「MLOps」としての活動記録です。 今回は、複雑化してきた機械学習モデル作成のワークフローを自動化する取り組みについて解説しています。

MLOpsとは

 MLOps(Machine Learning Operations)は、近年、機械学習の勉強会などで話題に上るようになった新しい言葉で、明確な定義は未だありません。

 本書では、モデルの構造やハイパーパラメーターなど、いわば「機械学習の花形」のみならず、データの収集、蓄積、整理、モデルの学習や評価を円滑に行うための様々な施策。それらの施策を立案、実行する個人やチームまでを含めて「MLOps」と呼んでいます。

目次

  • 第1章 システム構成
    • データセット管理
    • GPUサーバー
    • MeganeCo Playground
  • 第2章 機械学習ワークフローと課題
    • データセットをメンテナンスする
    • 学習データへ変換する
    • 単体モデルを作成する
    • 統合モデルを作成する
    • モデルを変換する
    • モデルをデプロイする
    • 課題と理想
  • 第3章 機械学習ワークフローを自動化する(Concourse編)
  • 第4章 機械学習ワークフローを自動化する(Argo Workflow編)
    • Argo Workflowとは
    • Kubernetesのセットアップ
    • Argoのセットアップ
    • Volumeの準備
    • ワークフローの定義と実行
    • 今後の課題

 本文サンプルはこちら

どんな表紙なの?

tfbook6

 表紙イラストは、根雪れい(@neyuki_rei)さんによるものです。 また、今回から裏表紙マンガが復活しています。

 いつもすばらしい眼鏡っ娘、本当にありがとうございます!

どこで手に入るの?

 4月14日(日)に池袋サンシャインシティで開催される「技術書典6」に、有山圭二の個人サークル「めがねをかけるんだ」として参加します。配置は『こ38』です。

tfbook6