技術書典4で「本当はおそろしい商業出版!?」を頒布します

4月22日、秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催される「技術書典4」に、サークル「めがねをかけるんだ」として参加させていただくことになりました。

「めがねをかけるんだ」では、筆者が技術書の商業出版に関わる中で経験した様々なエピソードを通じて、知見や反省点をまとめた本「本当はおそろしい商業出版!?」を頒布します。

tfbook4

タイトル 本当はおそろしい商業出版!?
判型 B6
ページ数 44p(本文墨刷)
頒布価格 1,000円
発行 個人サークル「めがねをかけるんだ」


どんな本なの?

 本筆者が技術書の商業出版に関わる中で経験した様々なエピソードを通じて、知見や反省点をまとめたものです。
 主たる読者として、自分の執筆した技術書を商業出版したい人を想定しています。
 

目次

  • はじめに
  • 異世界からの執筆依頼
  • 宇宙よりも遠い契約締結
  • 「あの本、いくらでやったの?」
  • 半年後にまた来てください。本当の印税率を見せてあげますよ
  • みんな仲良く共著だわっしょい
  • 事務処理が終わらない
  • 委任状のない出版契約
  • Amazonにはいい評価だけ書いてくれ。それ以外はブログで頼む
  • おわりに

詳細な目次と本文サンプルはこちら

出版社の人に確認してもらったりとかしないで書いちゃったので、怒られる内容になっている可能性があります。きっと技術書典4でしか頒布しないので、気になる人は是非買いに来てください。

どんな表紙なの?

tfbook4

表紙のイラストは、根雪れい(@neyuki_rei)さんによるものです。

いい眼鏡っ娘ですね。しかも二人。

僕は、このために本を書いてるといっても過言ではありません(過言ではない)。

どこで手に入るの?

4月22日(日)に秋葉原UDX、アキバ・スクエアで開催される「技術書典4」に、有山圭二の個人サークル「めがねをかけるんだ」として参加します。配置は『き17』です。


技術書典4

有償での頒布となります。
また、今回は新刊が2冊となったため、それぞれの部数が限られています。売り切れの際はご容赦ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です