技術書典3でTensorFlowの本を頒布します。

10月22日、秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催される「技術書典3」に、サークル「めがねをかけるんだ」として参加させていただくことになりました。

「めがねをかけるんだ」では、TensorFlowで物体検出を題材にした冊子を頒布いたします。

tfbook3

タイトル TensorFlowはじめました Object Detection ー 物体検出
ページ数 68p(本文墨刷)
頒布価格 1,000円
発行 個人サークル「めがねをかけるんだ」


どんな本なの?

TensorFlowがオープンソースで公開されるまで「機械学習」に触れたことがなかった筆者が、TensorFlowを通じて機械学習に挑戦して、七転八倒した成果をまとめたものです。

本書では、まず始めにTensorFlowの基本であるデータフローグラフについて解説します。
次に、画像から物体を見つける「物体検出」を題材に「畳み込みニューラルネットワーク」モデルの学習と評価(検証)を実装します。

物体検出って何?

物体検出(Object Detection)は、画像の中に含まれる「物体」を検出するタスクです。

以前は、画像から物体らしいものが写っている候補領域(Region Proposal)を見つけて、それらについて分類(Classification)を実行するのが一般的でした。

現在はYOLO(You Only Look Once)やSSD(Single Shot MultiBox Detector)といった手法が発表されていて、検出と分類を1つのネットワークで行うことができます。

目次

  • TensorFlowの基礎
    • TensorFlowとは
    • データフローグラフ
    • Tensor(テンソル)
    • 変数とプレースホルダー
    • 演算子のオーバーロード
    • ブロードキャスティング
  •  グリッドベースの物体検出
    • 物体検出とは
    • モデルの定義
    • データセットの作成
    • 学習(訓練)
    • 検証
  • 物体認識奮闘記
    • 確信度と座標
    • 畳み込み層
    • モデルの定義
    • データセットの再作成
    • 学習・訓練
    • 検証

詳細な目次と本文サンプルはこちら

どんな表紙なの?

tfbook3

表紙・裏表紙のイラストは、根雪れい(@neyuki_rei)さんによるものです。

ぼくのふわふわした要望をまとめて、素晴らしい絵に仕上げてくれました。
本当にありがとうございます!

また、根雪さんの「おかあさん(10)と僕。」の単行本が好評発売中です。
こちらも是非お買い求めください!

どこで手に入るの?

10月22日(日)に秋葉原UDX、アキバ・スクエアで開催される「技術書典3」に、有山圭二の個人サークル「めがねをかけるんだ」として参加します。配置は『か22』です。


技術書典3

有償での頒布となります。
また、部数が限られていますので、売り切れの際はご容赦ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です