このエントリには続報があります。

6月25日に秋葉原通運会館にて開催される「技術書典」に、サークル「めがねをかけるんだ」として参加させていただくことになりました。

「めがねをかけるんだ」では、最近取り組んでいるTensorFlowに関する冊子を頒布いたします。

tf-book

タイトル TensorFlowはじめました CIFAR-10奮闘記
ページ数 64p(本文墨刷)
頒布価格 1,000円
発行 個人サークル「めがねをかけるんだ」

どんな本なの?

TensorFlowがオープンソースで公開されるまで「機械学習」に触れたことがなかった筆者が、TensorFlowに挑戦して、七転八倒した成果をまとめたものです。

まず始めにTensorFlowの基本であるデータフローグラフについて解説し、次に、画像の多クラス分類問題「CIFAR-10」を題材に「畳み込みニューラルネットワーク」による推論と学習、評価を実装します。

モデルとパラメーターの保存と読み込み方法。また、フィルターの可視化などを通じてパラメーターの変化を視覚的に捉えます。

最後に、認識精度を上げるためにいくつかの取り組みをします。

目次

  • TensorFlowの基礎
    • TensorFlowとは
    • データフローグラフ
    • 変数とプレースホルダー
    • Tensor(テンソル)
    • TensorBoardによるグラフの可視化
  • CIFAR-10の学習と評価
    • データの読み込み
    • 推論(inference)
    • 学習(learn)
    • 評価(evaluate)
  • データ保存とフィルターの可視化
    • 学習データの保存
    • フィルターの可視化
  • CIFAR-10奮闘記
    • 正規化層を追加する
    • 訓練データを加工する
    • ドロップアウトを設定する
    • VGGNetのモデルを使う
    • 最適化アルゴリズムを変更する
    • バッチサイズを増やす

なぜ参加するの?

新しい技術を勉強したら、その流れで同人誌を書くのは普通ですよね。

どんな表紙なの?

tf-book

表紙・裏表紙のイラストは、現在、「みんなのコミック」で「おかあさん(10)と僕。」を連載中の根雪れい(@neyuki_rei)さんによるものです。

いつも素晴らしいイラストやまんが、本当にありがとうございます!

どこで手に入るの?

6月25日(土)に秋葉原通運会館で開催される「技術書典」に、有山圭二の個人サークル「めがねをかけるんだ」として参加します。配置は『A−28』です。

techbookfest201606-cut

今回は有償での頒布となります。

また、部数が限られていますので、売り切れの際はご容赦ください。